元選対幹部が控訴=小林千議員陣営の選挙違反−札幌(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営の選挙違反事件で、公選法違反(事前運動、買収約束)罪に問われた元選対委員長代行山本広和被告(60)は24日、懲役2年執行猶予5年とした札幌地裁の判決を不服として、札幌高裁に控訴した。
 検察は山本被告を連座制の対象と判断しており、同被告の禁固以上の有罪が確定すれば、小林氏の当選無効などを求める訴訟を高裁に起こす見通し。 

【関連ニュース】
民主・小林議員に違法献金か=北海道教組を捜索
連座制対象、元選対幹部に有罪=民主・小林氏「職責全うする」
落選候補に連座制適用=北九州市議選の偽投票紙事件
武山元衆院議員に有罪=報酬約束、公選法違反
出納責任者に有罪=民主後藤氏陣営の選挙違反

<警察庁>美容外科から情報提供協定…整形逃亡事件受け(毎日新聞)
二所ノ関部屋マネジャー?首つり自殺 大阪(産経新聞)
小沢氏責任への言及なし=長崎知事選敗北で閣僚発言(時事通信)
<富士山の日>「2月23日」イベントに300人参加 静岡(毎日新聞)
五輪複合 3選手育てたスポーツ少年団長…秋田から応援(毎日新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-02-28 14:55


<< 自民が教員の政治活動規制法案を... 北近畿豊岡道事故、車の会社員死... >>