雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)

 岩手県宮古市は19日、田老(たろう)川河口に現れたオットセイの「タロちゃん」を約6時間かけ、宮城県松島町の「マリンピア松島水族館」に運んだ。

 タロちゃんは群れからはぐれたキタオットセイの赤ちゃんとみられ、体重約10キロ、体長約60センチ。15日に河口で見つかり、かわいらしい姿と人懐っこい仕草ですっかり地元のアイドルになっていたが、衰弱が目立ち始めていた。

 水族館の診断は「少しやせているが、餌を食べれば大丈夫」。放流を避け、しばらく水槽で静養する。「漂流する政界」とは違い、安息の地を得たタロちゃんに関係者はひと安心。【渡辺豊】

【関連ニュース】
雑記帳:水槽内は“寅”でいっぱい 宮城・松島の水族館

「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
派遣村の所在不明者さらに10人“帰宅” 残り140人に就活費再支給はなし(産経新聞)
<ハイチ大地震>政府、医療チームを派遣(毎日新聞)
平野で火災、扇風機火元か(産経新聞)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-20 23:03


<< 駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝... 朝日社説「小沢氏に進退を問う」... >>