小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日夜、資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関する東京地検特捜部の任意の事情聴取後、都内のホテルで記者会見し、「自分自身としては与えられた職責をまっとうしていきたい」と述べ、幹事長の職務を続投する考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)
「北限のサル」上野が嫌い?壁越え7時間家出(読売新聞)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)
映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-26 14:55


<< 米運輸省、国交省に苦言=航空提... <人事>最高裁(24日)(毎日新聞) >>