補助金2年間ゼロに=第一藍野学院の虚偽申請−私学事業団(時事通信)

 健康科学大(山梨県富士河口湖町)開設時に学校法人第一藍野学院(同)が虚偽申請した問題で、日本私立学校振興・共済事業団が同法人に今年度の経常費補助金を交付しない方針を決めたことが27日、分かった。決定は14日付。2010年度も不交付となる見通しだ。
 経常費補助金は教職員・学生数などに応じて、国から事業団を通じて支払われるが、同法人がほかに運営する修紅短大(岩手県一関市)への交付もゼロとなる。両校への直近の交付実績は07年度の計4661万円だった。
 文部科学省によると、同法人は02年度、健康科学大の設置財源50億円の大半を寄付金に見せ掛けた借入金で補い、新設の認可を得た。その後も05年度まで帳簿操作を続けた。 

【関連ニュース】
新学部5年間認めず=虚偽申請の第一藍野学院
3億9000万円返還を命令=第一藍野学院に

子ども手当満額「難しい」=11年度以降見通し−野田財務副大臣(時事通信)
<学習費>不況直撃、塾への支出が減少 08年度(毎日新聞)
<天王寺動物園>天王寺蕪を収穫 ゾウの糞肥料に 大阪(毎日新聞)
<九州新幹線>全線開業は来年3月 新設の3駅名も決定(毎日新聞)
訃報 永田法順さん74歳=最後の琵琶盲僧(毎日新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-02-04 13:51


<< <子ども手当>11年度から給食... 「轟音」「つんのめった」…トラ... >>