<   2010年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

日教組の教研集会始まる 58年ぶり文科省から「来賓」(産経新聞)

 日教組の第59次教育研究全国集会が23日、山形市で始まった。午前は全体集会が開かれ、58年ぶりに文部科学省からの来賓として高井美穂政務官が出席。中村譲中央執行委員長は「政治の壁が低くなり、社会的パートナーとして認知された今、私たちは公教育の中心にいる。それ故に、責任は重く大きい」と参加者に呼びかけた。

 全体集会の参加者は、主催者発表で約3000人。

 高井政務官は「教職員定数は前政権下での定数削減方針を打破し、7年ぶりに純増した」などと政権交代の成果を強調。また、日教組が廃止を主張する教員免許更新制については「抜本的な制度改革が行われるまでの間は現行制度が有効。先生方がより研鑽を積まれることは重要だ」と理解を求めた。

 会場では、参加者の1人が「教員免許更新制いらな! 今すぐ撤廃」などと書かれたプラカードを高井政務官のあいさつ中に掲げ、日教組の関係者に止められる場面もあった。

 教研集会は25日まで開かれ、分科会で特色ある教育実践など741本のリポートが紹介される。

【関連記事】
日教組の組織率、最低の27%に 28万人を切る
全国教研に文科省の政務官58年ぶり出席
民主・輿石氏「教育が選挙の争点。いよいよ日教組の出番だ」
【主張】教員の資質 競争と評価で鍛え上げよ
自民・義家氏ら、日教組の“牙城”甲府市を訪問

<人事>最高裁(25日)(毎日新聞)
普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)
<小沢幹事長>稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」(毎日新聞)
成人式妨害した18人、秋田市長に謝罪(読売新聞)
<長崎漁船沈没>救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見(毎日新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-30 20:42

米運輸省、国交省に苦言=航空提携の判断に影響も−過熱する日航の争奪戦(時事通信)

 【ワシントン時事】米航空大手2社による日本航空との提携交渉をめぐり、米運輸省が日本の国土交通省に「予断を与える見解」を示さないよう求めたことが22日明らかになった。日航は提携会社との事業に関して「独占禁止法の適用除外(ATI)」を米政府に申請する方針で、国交省内には「日航がデルタ航空を選んでもATI取得は可能」との見方が出ている。これに対して米運輸省は「ATI認可の可否やスケジュールを決めるのは米当局だ」との異例の通告を国交省に行った。
 米国が日本をけん制、不快感を示した形で、日航の提携先選定に影響を与える可能性もある。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
民主党が抱えこんだ「JAL再生」という地雷
〔写真特集〕JAL 懐かしのキャビンクルー
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
日航株、一時1円

<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
ハイチ救援NPO、第2陣現地へ=医師、看護師ら11人−成田(時事通信)
【中医協】再診料、外来管理加算めぐり議論が平行線(医療介護CBニュース)
鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)
高1男子、父親の拳銃で自殺か…岡山の駐在所(読売新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-28 10:14

小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は23日夜、資金管理団体の政治資金規正法違反事件に関する東京地検特捜部の任意の事情聴取後、都内のホテルで記者会見し、「自分自身としては与えられた職責をまっとうしていきたい」と述べ、幹事長の職務を続投する考えを明らかにした。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

ティンカーベル「綿100%」実はポリエステル(読売新聞)
「北限のサル」上野が嫌い?壁越え7時間家出(読売新聞)
「日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい」認知度は4割未満(医療介護CBニュース)
<いじめ訴訟>病気との因果関係認める 最高裁が差し戻し(毎日新聞)
映画にあこがれて…駐輪場荒らし 容疑の16歳少年ら逮捕(産経新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-26 14:55

<人事>最高裁(24日)(毎日新聞)

 最高裁(24日)広島高裁部総括判事(熊本家裁所長)上原裕之▽熊本家裁所長(福岡高裁判事)小松平内

 退職(広島高裁部総括判事)礒尾正

自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相(時事通信)
歌手の浅川マキさん死去=ユニークなライブ活動を展開(時事通信)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
<足利事件再審>菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-25 17:02

バイク酒気帯び運転 高校職員停職1カ月(産経新聞)

 都教育委員会は18日、酒気を帯びてバイクを運転したとして、島嶼(とうしょ)地区の都立高校の男性経営企画室長(56)を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。都教委によると、室長は昨年7月30日夜、島内のレストランから帰宅途中に検問で酒気帯び運転が発覚した。

山梨・上野原市長に贈賄申し込み=会社代表ら2人逮捕−現金百万円返す・警視庁(時事通信)
水深150メートル、船名の一部か=10人乗り漁船遭難−長崎(時事通信)
「俺は暴力団ナンバー2」女性を脅して乱暴 容疑のアルバイト男逮捕 (産経新聞)
コンビニ強盗を偽装、現金盗む=約18万円、店員ら逮捕−奈良県警(時事通信)
市有地の無償提供は違憲=神社敷地で使用−最高裁(時事通信)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-24 01:12

検察が聴取?「小沢幹事長の妻」実は新潟ゼネコンの大株主(J-CASTニュース)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部が小沢氏の妻にも聴取に応じるように打診していたとの報道も相次いでいる。その理由は「小沢氏が提供したとされる資金の一部が、妻名義だったから」とも伝えられている。妻は、新潟県で最大規模のゼネコン「福田組」元社長の長女で、同社の大株主でもある。鳩山家とブリヂストンとの関係が取り沙汰されたばかりだが、小沢氏関係の親族からの資金流入もクローズアップされる可能性も出てきた。

 新聞各紙が2010年1月20日〜21日に伝えた内容を総合すると、小沢氏は今週末にも特捜部の事情聴取に応じ、土地購入資金の内訳などについて説明するものとみられる。ところが、地検は、資金の中に妻名義のものが含まれていることから、妻も任意聴取を行って資金の出所を確認したい意向だとも伝えられている。では、妻の「資金力」の源は、どこにあるのか。

■田中元首相と関係深い「福田組」の創業一族の出身

 実は妻は、新潟県で最大規模のゼネコン「福田組」の創業一族の出身で、1953年から2007年にかけて、50年以上にわたって同社の代表取締役を務めた福田正氏=09年に93歳で死去=の長女にあたる。正氏が同社を成長させたとされ、08年の売上高は約1607億円(連結ベース)にも及ぶ。

 09年3月に提出された福田組の有価証券報告書によると、妻は08年末時点で同社株式の3.03%にあたる136万3000株を保有しており、第8位の大株主だ。さらに、第2位の大株主(6.77%、304万1000株)だった正氏が09年10月に死去しているので、正氏からある程度の株式を相続した可能性が高く、その分、妻は多くの株式を保有しているものとみられる。

 東証1部に上場している同社の株価は167円(1月21日終値)なので、妻が保有している同社株の資産価値は「数億」はあるものとみられる。鳩山家と石橋家(ブリヂストン)との関係には遠く及ばないものの、小沢幹事長も身内に資産家を抱えていることが鮮明になった形だ。

■妻を紹介し、仲を取り持ったのも田中元首相

 なお、資産形成の原動力となったのが、新潟県に地盤を持っていた故・田中角栄元首相とのつながりだ。正氏は田中元首相の有力後援者で、元首相とのパイプを太くしていくことで、公共事業を中心に成長を遂げたとされる。小沢氏が妻と結婚したのは衆院議員2期目の1973年のことだが、その仲を取り持ったのも田中元首相だ。

 なお、正氏の次女は、竹下登元首相の弟にあたる竹下亘衆院議員に嫁いでおり、かつての「経世会人脈」の一端を垣間見ることもできる。


■関連記事
「小沢新年会」お酌の列 「田中角栄のときと同じ」 : 2010/01/04
「どうして自民党にマスコミは甘いんだ」 小沢幹事長不満ぶちまける : 2009/12/21
編集長からの手紙/田中角栄とホリエモン : 2006/01/18
小沢幹事長の土地購入「事件」 特捜部はなぜこれほど強気なのか : 2010/01/18
世論調査は軒並み「辞任」求める 苦しい立場に追い込まれた小沢氏 : 2010/01/18

「来るの遅い」と叱責=受注あいさつに小沢氏秘書−水谷側へ1億円要求・裏献金問題(時事通信)
今年のセンター試験、科目間の得点調整なし(読売新聞)
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示−那覇地裁(時事通信)
外相会談 6カ国協議の早期再開、日中で連携を確認(毎日新聞)
<強風>屋上タンク落下、薬品飛び散り3人けが 東京・上野(毎日新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-23 06:30

ハイチ大地震 交錯する怒りと嘆き、進まぬ支援(産経新聞)

 【ポルトープランス(ハイチ)=松尾理也】ハイチ大地震は17日で発生から6日目を迎え、緊急支援の力点は生存者の救出から被災者の保護に移りつつある。とはいえ、支援は遅々として進んでいない。黙示録的な光景が広がる首都ポルトープランスの住民の間には、怒りと嘆きのふたつの感情が交錯していた。

 日本の医療支援チームが被災地入りしたこの日、潘基文国連事務総長も現地に到着し、国家機能を実質的に失ったハイチの現状を「過去数十年で最大の人道危機の一つ」と表現した。国連人道問題調整事務所(OCHA)によれば、各国救援隊は43カ国から1700人あまりとなったが、混乱は拡大しており、ハイチ当局は同日、30日間の非常事態を宣言した。

 倒壊した市中心部のホテル「ベル・ハイチ」。がれきとなった現場では、仏領マルティニーク島から来たレスキュー隊が救出作業をしていた。「まだ生存の兆候が残っている」。ホテルには考古学の発掘作業に携わっていたフランス人団体客が滞在していたという。

 ただ、一般的に「生存の限界」とされる発生後72時間が過ぎた今、作業の力点は次第に生存者の救出から、がれきの撤去や被災者の保護に移りつつある。ホテル近くの別の倒壊現場では、だらんと垂れた死体の手足が、がれきの撤去作業をしていたシャベルからはみ出していた。

 大地震のシンボルともなった倒壊した大統領府。フェンスで仕切られた外側で、被害が大きかった高台の住宅地から避難してきたというダビド・オキシジンさんは、「この青々とした大統領府の芝生はいったいだれのためか。被災者に開放すべきだ」と話す。

 大統領府近くのポルトープランス総合病院では、ジャン・レベック医師が青い手術着姿で忙しく立ち働いていた。休暇先の米国から急遽帰国したレベック医師は、「電気がなく、手術は昼間しかできない。病棟が倒壊して、術後は屋外のベッドに野ざらし。なにより発電機を届けてほしい」と訴えた。患者のベッドが野戦病院さながらに並ぶすぐ横の道路脇には、手足のない遺体が転がっている。

 被災者による間に合わせのテントが立ち並ぶ聖アン広場では、看護師の資格を持つというギレン・シャジャマさんが「政府からも、国連からも、なんの援助もまだ届かない」という。野宿が続く被災者にとって、被災から晴天続きだったのが唯一の救いだが、「そろそろ雨が降る。いったいどうなるのか」と不安は募る一方だ。

 暗い表情を見せる被災者は現在、倒壊家屋から掘り出した食糧の残りで食べつないでいる。広場中央には、被災者で分け合うための食事がぐつぐつと煮えていた。「食べ物はみんなで分け合う。ここでは暴力や盗難はほとんどない」。阪神大震災を始め、大災害直後にみられる原始共産制のような相互扶助が、ここにも出現していた。

 印象的なのは通りに人があふれていることだ。黙々と一人で、時には男女が手をつないで早足に歩く人たちで、通りという通りはごった返している。

 いったい、どこに行くのだろうか? 裁判所の前でじっと通りを眺めていたシーラブ・リンドアさんに聞いてみた。彼らは家をなくした。交通手段も壊滅したから、歩くしかない。あたりまえではないか、と不思議そうに答えたリンドアさんは、しかし、しばらく考えてこうもいった。

 「ひょっとしたら、壊滅したこの街を記憶に焼き付けておきたいからかもしれない。たぶんみんな、歩かずにはいられないから歩くんだよ」

【関連記事】
ハイチ大地震 自衛隊医官ら70〜80人を派遣へ
中国、ハイチ大地で死亡した隊員8人を“革命烈士”に
首都の空港、受け入れ可能機数が1日100機に増加 ハイチ大地震
治安悪化で30日間の非常事態を宣言 ハイチ大地震
「国際社会の一員として頑張る」 日本の医療チームがハイチ到着

核廃絶へ協力=アフガン支援も連携−鳩山首相と独外相(時事通信)
<調査捕鯨>シー・シェパードが発煙弾を投げ込み妨(毎日新聞)
<大寒>太宰府天満宮では飛梅ほころぶ(毎日新聞)
<普天間移設>複数案に否定見解 駐日米公使(毎日新聞)
石川議員の同期、「逮捕を考える会」結成(読売新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-22 10:24

駐車場で巻き込み→蛇行し塀に衝突→女性死亡(読売新聞)

 18日午後4時30分頃、大阪府大阪狭山市狭山のコンビニエンスストア駐車場で、自称公共職業安定所非常勤職員・清水辰彦容疑者(58)(大阪府富田林市)運転の乗用車がバックした際、70〜90歳の女性をはねた。

 車は女性を下部に巻き込んだまま約30メートル前進、その後も路上を蛇行運転するなどして西向かいの民家の塀に突っ込んで止まった。

 黒山署は清水容疑者を自動車運転過失致傷容疑で現行犯逮捕。女性は間もなく死亡し、同署は容疑を同致死に切り替えて調べる。清水容疑者は酒を飲んでいたという。

<エレベーター>また閉じ込め 名古屋市営地下鉄(毎日新聞)
<迷惑メール>熊本・山鹿副市長らに大量送付 兄弟を逮捕(毎日新聞)
小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長(産経新聞)
市街地、がれきで白っぽく=ハイチ地震、衛星で撮影−宇宙機構(時事通信)
党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-21 16:42

雑記帳 オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館(毎日新聞)

 岩手県宮古市は19日、田老(たろう)川河口に現れたオットセイの「タロちゃん」を約6時間かけ、宮城県松島町の「マリンピア松島水族館」に運んだ。

 タロちゃんは群れからはぐれたキタオットセイの赤ちゃんとみられ、体重約10キロ、体長約60センチ。15日に河口で見つかり、かわいらしい姿と人懐っこい仕草ですっかり地元のアイドルになっていたが、衰弱が目立ち始めていた。

 水族館の診断は「少しやせているが、餌を食べれば大丈夫」。放流を避け、しばらく水槽で静養する。「漂流する政界」とは違い、安息の地を得たタロちゃんに関係者はひと安心。【渡辺豊】

【関連ニュース】
雑記帳:水槽内は“寅”でいっぱい 宮城・松島の水族館

「終わって安堵している」=海自部隊、最後の給油−相手国から「ジャパンコール」(時事通信)
派遣村の所在不明者さらに10人“帰宅” 残り140人に就活費再支給はなし(産経新聞)
<ハイチ大地震>政府、医療チームを派遣(毎日新聞)
平野で火災、扇風機火元か(産経新聞)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-20 23:03

朝日社説「小沢氏に進退を問う」 石川議員逮捕に新聞各紙厳しい論調(J-CASTニュース)

 小沢一郎・民主党幹事長の秘書だった衆院議員・石川知裕容疑者(36)が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されたことをうけて、2010年1月16日付の新聞各紙朝刊は、「政治責任は重大」「出処進退を決断すべきだ」など、小沢氏の責任を問う厳しい内容の記事を掲載した。

 各紙が一様に指摘するのは小沢氏から説明がない点で、

  「(小沢氏は)もはや説明を拒み続けることは許されまい」(朝日)「小沢氏がなすべきは事実を明らかにすることだ」(読売)

といった具合だ。

 小沢氏は09年3月の西松建設の違法献金事件で公設第1秘書が逮捕された際も十分な説明をせず、各種世論調査でも「説明責任を果たしていない」とする声が多数にのぼっていた。今回の事件についても「捜査中」であることを理由に、十分な説明をしていなかった。

 日本経済新聞も、参考人聴取を拒む小沢氏が、検察を石川議員らの逮捕に踏み切らせたとし、「検察と政治の関係を不必要なまでに緊張させ、異様な事態に立ち至らせた」と指摘し、小沢氏の責任は重大だと批判した。

■ヤフー調査では「続投はマイナス」が圧倒的多数

 さらに、こうした「沈黙」の姿勢を取り続ける小沢氏を擁護した鳩山由紀夫首相や民主党についても、「このままでは、国民の失望は深まる」(朝日)「どう自浄能力を発揮するのかが問われている」(日経)「党も真相究明に乗り出さねば」(読売)と厳しい言葉が並ぶ。

 こうしたなかでも朝日新聞社説は刑事責任の有無とは別に、小沢氏は政治責任を負うべきだとし、「小沢氏は自らの出処進退を決断すべきだ」とまで述べている。

 一方、小沢幹事長は1月16日に行われた党大会で、今回の逮捕について「容認できない」「断固として戦っていく」と述べ、検察と闘う姿勢を明らかにした。小沢氏は幹事長を続投する考えで、鳩山首相もこれを了承した。

 ポータルサイト「ヤフー・ジャパン」が実施している「続投は政府・民主党にとってプラス?マイナス?」という意識調査では18時現在、約1万5000票のうち1万2000票あまりが「マイナス」だと回答している。


■関連記事
熾烈なバトルを展開中 「ダンマリ」小沢VSマスコミ  : 2010/01/14
小沢幹事長ポンと4億円? これほどお金が集まるカラクリ : 2010/01/08
「食べられる昆虫」に子ども嬉々! 衝撃の「リアルさ」にも注目 : 2010/01/15
民主党、小沢幹事長まだかばう? 河野太郎「薄気味悪い党だなと…」 : 2010/01/16
直接会って話をしろ!「メール禁止」を徹底する職場が実在した : 2010/01/13

<石川衆院議員>規正法違反容疑で逮捕…4億円虚偽記載(毎日新聞)
<コンビニ強盗>2人組の男が現金奪って逃走 群馬・玉村町(毎日新聞)
<重要民俗文化財>沼津内浦・静浦の漁労用具など5件答申(毎日新聞)
小沢氏、問い掛けに無言=首相公邸寄り、党大会に(時事通信)
<お笑い新人グランプリ>最優秀新人賞にモンスターエンジン(毎日新聞)
[PR]
by nvwib7ctl2 | 2010-01-19 12:38